FAQ

Q1: ペレットは何からできているの?

県内産木質ペレットは間伐材や製材端材などを粉砕・圧縮・成形したもので、建築廃材や接着剤は一切使われていない木材100%の安心・安全な固形燃料です。

 
 
 

Q2: ペレットはどこで買えるの?

長野県内では、上伊那森林組合(伊那市 tel:0265-72-3232)と南信バイオマス協同組合(飯田市 tel:0265-27-3553)の2工場で製造・販売されており、県内各地の森林組合やNPO法人でも販売しています。

価格は10Kg袋入りで470円程度(消費税込み、工場渡し価格、配送料別途)です。

 
 
 

Q3: 燃料代はどれくらいかかるの?

1シーズンのペレット燃料代は約56,400円です。

詳しいペレット木材と灯油の燃料代の比較はこちら

 
 
 

Q4: 手入れの灰はどのくらい出るの?

ペレットを燃やすと灰が出ますが、その量は0.5%〜1%程度と僅かで、ストーブの灰の処理は1週間に1度程度ですみます。

灰は一般家庭の方は各市町村のルールに従って処理して下さい。

また、事業所から排出される灰は、産業廃棄物として適正に処理することが必要です。

 
 
 

Q5: どのくらい環境に優しいの?

ペレットストーブを1台使うことで、一般家庭から年間に排出される二酸化炭素(5トン)の1/4に相当する1.2トンの二酸化炭素の排出が抑制され、地球温暖化防止に役立ちます。